介護老人保健施設「紫泉の里」
2021.11.09
お知らせ

紫泉の里 面会制限について

 コロナ禍において、現在感染者が減少しています。それにともない、面会のお問い合わせも多くなっております。ニュースやマスコミでも病院や高齢者施設での面会の話題が取り上げられ、各施設間でも面会の取り扱いに差異が見られています。


 コロナと共存して生活する「ウィズコロナ」の考え方で我々は日常を過ごしています。が、皆さまにお願いしたいのは、医療・介護施設での健康弱者である患者さん・利用者さんの健康をお守りするためにコロナウィルスを一切外部から搬入させない「ゼロコロナ」を目指すこと(面会禁止)への今しばらくのご協力とご覚悟です。


 コロナ禍とは「人類 対 ウィルス」の全面戦争、だからです。


1、 福島県や他県含め、少ない感染者でも「 (いつ誰から感染したかわからない) 感染経路不明者」が高率であること


2、 福島県立医大病院や私が以前仕事をしていた都内総合病院(帝京大学病院・癌研究会病院・日本医科大学病院)でも現在も面会は禁止状況であること


3、 ワクチン2回接種修了者でも感染する可能性(ブレークスルー感染)


4、 高齢者施設のクラスターが全国で散見されること(マスコミにあまり載っていません)


5、 当「紫泉の里」でも一人の感染で施設内感染が広がる可能性が高いこと


などが理由です。


「利用者さん愛」を持つ我々としましても、断腸の思いでのお願いです。


ご入所されている全ての利用者さんをコロナ感染からお守りするよう今後も最善を尽くします。


ご理解の上、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。



2021年11月9日


  「紫泉の里」施設長 土 屋 晴 夫


     日本感染症学会所属、ICD(Infection Control Doctor(感染防御医) )

     
奨学金制度のご案内