婦人病一般

女性の体はとてもデリケートです。
年齢とともに変化する、ホルモンのバランスが崩れて起こる症状や病気などは多岐にわたることも。
そのため、個々の症状に応じた治療がとても大切になってきます。
当クリニックでは子宮がん検診をはじめ、婦人科疾患のフォローアップ・不妊症の治療・性感染症 の治療・思春期外来など、
多岐にわたっての検査や治療をさせていただいております。
また、手術や高次治療が必要な場合には、総合病院や専門病院をご紹介いたします。
思春期から老年期まで女性の一生をトータルに見守り、患者様の立場に立った診療を心がけています。

女性特有の症状

以下のような症状のある場合は、大きな病気へとつながる可能性もありますので、ぜひ来院ください。

  • 月経痛を含む腹痛・腰痛
  • 月経量が多い
  • 月経周期のトラブル
    (月経不順)
  • 不正出血
  • 下腹部のしこり
  • おりものの異常
    (量や色がいつもと違うなど)
  • 外陰部のトラブル

年齢別にみる女性特有の病気

年齢により病気のかかりやすさがあります。

  • 10歳代〜

    月経のトラブル

  • 20歳代〜

    月経のトラブル(月経痛、月経前症候群など)/バセドウ病/妊娠、出産関連のトラブル/子宮内膜症、子宮筋腫 等

  • 30歳代〜

    子宮内膜症/子宮がん/子宮筋腫/卵巣のう腫 等

  • 40歳代〜

    子宮がん/更年期障害 等

  • 50歳代〜

    子宮がん/更年期障害 等

  • 60歳代〜

    子宮関連のがん/女性特有の病気以外/骨粗鬆症 等

女性特有の病気・症状・治療法

女性特有の病気は以下のようなものがあります。
病気によっては自覚症状の無いものもありますので、定期的な検診を行ってください。

  • 子宮内膜症

    子宮の内側にある子宮内膜が「卵巣や腹膜など」に入り込んでしまう病気です。
    月経期に剥離・出血するも体外に排出することができず、月経のあるたびに症状が進行します。症状としては、月経量の増加、月経痛、貧血、不妊などがあります。治療には手術療法と薬物療法を用います。薬物療法での根治はできませんが、進行を抑制し、月経痛を軽減することは可能です。手術療法を行う場合は、総合病院をご紹介いたします。

  • 子宮腺筋症

    子宮の内側にある子宮内膜が「子宮の筋肉の中」に入り込んでしまう病気です。
    月経期に剥離・出血するも体外に排出することができず、月経のあるたびに症状が進行します。症状としては、月経量の増加、月経痛、貧血、不妊などがあります。治療には手術療法と薬物療法を用いますが、薬物療法での根治はできません(進行を抑制し、月経痛を軽減することは可能です)。

  • 子宮筋腫

    子宮にできる腫瘍で、不妊や流産の原因になることもあるので、定期検診での早期発見に努めたい病気です。良性の腫瘍となるので、それ自体が生命を脅かすものではありません。しかし放置しすぎると肥大したり、複数個できる場合もあります。
    自覚症状としては、月経量の増加や月経痛、月経以外での出血、腰痛、頻尿などがあります。小さな腫瘍は見つけにくいこともありますが、外来での一般的な診察と超音波を使って簡便に診断でき、治療には手術療法とや物療法を用います。

  • 子宮腟部びらん

    本来は病的なものではなく、女性ホルモンが活発な時期にみられる生理的な状態となります。症状が強くなければ、特に治療の必要性はありません。しかし、子宮頸がんなどの病気と鑑別することが大切なので、定期的に検診を受けることをおすすめします。
    ほとんどの女性が無症状で過ごします。感染に対して抵抗力が弱いので、感染症や月経とは無関係の出血が起こりやすい傾向にあり、陰部の痛み、おりものが黄色く粘り気があるなどがあります。症状が強い場合は、手術療法や薬物療法を用います。

  • 子宮頚管(けいかん)ポリープ

    子宮内膜にできるポリープ(イボ)です。炎症や分娩、流産からできることもありますが、卵胞ホルモンの影響でできる場合がほとんどです。
    症状は月経とは無関係の出血となり、それ以外に自覚症状がない場合もあります。自覚症状がなく、ポリープの表面もきれいであれば、経過観察で様子を見ることもできますが、自然治癒することがほとんどないため、徐々に大きくなっていく場合や出血の頻度が多いときは切除をおすすめします。

  • 子宮下垂、子宮脱
    (骨盤臓器脱・性器脱)

    更年期以降の女性に認められ、お産を経験された女性の約半数に生じる疾患です。子宮が正常の位置より病的に下降した場合をいい、悩んでおられる女性がとても多いです。
    軽度の場合は自覚症状がなく、脱出部位により、尿失禁や頻尿、異物感など進行すると症状はさまざまです。治療には保存的療法と手術療法があり、骨盤底筋群体操などのリハビリも行います。

  • 子宮頸がん

    子宮頸部(子宮の入口付近)にできるがんで、婦人科の診察で観察や検査がしやすいため、発見されやすい反面、進行すると治療が難しいことから早期発見に努めたい病気です。
    症状としては月経とは無関係の出血、おりものの増加、月経期間が長引くなどがありますが、初期の場合自覚症状は特にありません。治療には、手術療法、放射線治療、抗がん剤による化学療法などがあります。子宮頸がんの場合、専門病院や総合病院にご紹介いたします。

  • 子宮体がん
    (子宮内膜がん)

    子宮体部(胎児を育てる場所)にできるがんです。子宮体がんについても、早期発見に努めたい病気となります。
    症状として最もよくみられるのは出血です。特に、閉経後に少量ずつ長く続く出血がある場合は、早めに婦人科あるいは検診を受診し、子宮体がんの検査を受ける必要があります。

  • 卵巣がん

    卵巣にできた悪性の腫瘍です。初期では自覚症状がほとんどなく、進行して卵巣が腫瘍により肥大化することによって、下腹部に痛みや違和感を感じたり、腹部に腹水がたまり膨満感を感じるようになります。
    超音波診断、CT、MRI、腫瘍マーカーなどを行い診断します。がんの進行や患者さまの意向(妊娠を強く希望しているかなど)を踏まえつつ、患者さまの病状に合わせて専門病院や総合病院をご紹介いたします。

  • 卵巣のう腫

    卵巣に液体や脂肪が溜まる病気です。自覚症状はほとんどなく、のう腫が肥大すると外側から触れて気づく場合や、腹痛、腰痛、頻尿、便秘などがあり、最終的には茎捻転を起こす恐れもあります。
    超音波診断、CT、MRIなどを行います。6~7cm以上ののう腫は、茎捻転の恐れがあるため原則として摘出します。妊娠に関わる臓器であるため、摘出の方法は患者様の意思が可能な限り反映されるようにします。手術療法を行う場合は、総合病院をご紹介いたします。

  • 卵巣機能不全

    ストレスや過度なダイエット、激しい運動などで、卵巣の機能が低下し、女性ホルモンのバランスが乱れることで月経の周期の乱れ、排卵障害が起こります。
    無精卵月経、月経が1週間以上続いたり、月経周期が39日以上90日未満という長期に渡る稀発月経、月経が起こらなくなる無月経などの症状が起こります。その他にもホルモンバランスの乱れにより、イライラ、疲労感、のぼせ、動悸、頭痛、めまいなどの更年期障害に似たものとなって起こる場合もあります。血液検査を行い、ホルモン値を調べることができ、その治療としては薬物療法を行うことが一般的です。

  • 子宮付属器炎
    (卵巣炎、卵管炎)

    卵管、卵巣が炎症を起こす病気です。
    急性期には高熱、下腹部の痛み、おりものの増加などの症状があります。症状が軽度の場合は薬物療法、慢性化により他の臓器との癒着がひどい場合、薬物療法により症状が改善しなかった場合には手術療法が必要です。

  • 膣炎・外陰炎

    膣部・外陰部に、細菌やウイルスなどが感染し炎症が起こる病気です。
    かゆみ、痛み、患部の腫れ・赤みなどの症状があります。おりものの検査を行い、膣錠・軟膏等の薬物療法で治療します。

  • 外陰掻痒(そうよう)症

    外陰部にかゆみなどの症状が出る病気です。
    原因として、カンジタ、雑菌、トリコモナスなどの病原菌による感染や、アレルギーなどのいくつかの疾患がありますが、原因疾患のはっきりしない場合もまれにあります。おりものの検査を行い、薬物療法で治療します。

  • 外陰潰瘍

    性器の周辺に痛みを伴う潰瘍が生じ、1〜2週間で治癒・再発を繰り返します。
    薬物療法を行い治療します。

  • 不妊

    健康的な男女が2年以上、性行為を続けていても妊娠しない場合は、不妊治療が必要な場合がありますのでご相談ください。

  • 月経前症候群(PMS)

    月経の始まる1~2週間前に起こる、心身に起こるさまざまな不快症状です。身体的症状(腹痛、腰痛、肩こりなど)や精神的症状(精神の不安定、無気力など)があります。出現症状を記録し、月経周期との関連を確認し、精神神経疾患等でないことを確認することが必要です。必要に応じ、漢方薬・ホルモン剤等の治療を行います。

  • 月経不順

    月経の周期が通常よりも短くなったり長くなったりする症状です。ホルモンバランスの乱れで起こると考えられています。ホルモン検査などを行い、状況に応じ薬物療法を行います。

  • 更年期障害

    ホルモンのバランスの乱れによって、身体的・精神的な異常がみられます。
    40代から少しずつ始まり、自律神経失調症状(のぼせ、汗、寒気、冷え症、動悸、胸痛、息苦しさ、疲れやすい、頭痛、肩こり、めまい)、精神症状(イライラや怒りっぽいなどの情緒不安定、抑うつ状態)、腰痛、関節痛、嘔気、食欲不振、皮膚の乾燥・かゆみ、頻尿、外陰部の不快感などの症状があります。治療は薬物療法があります。いずれ更年期にみられる症状は軽快していきますが、つらい場合はお薬に頼るという選択を考えてみるのも良いのではないでしょうか。

  • 性感染症

    性的接触によって感染する病気です。
    自覚症状がほとんどないため、そのまま症状が進行し、疾患によっては不妊症などの後遺症が残ることもあります。治療法は病状によってさまざまですので、おりものの量の増加・色味の変化・悪臭、外陰部への痛み・かゆみ・水泡やイボの発生、月経以外での出血などがある場合は受診をおすすめします。

ご来院の際は、WEB診療予約
もしくはお電話にてご予約ください。

TEL 024-927-0325(産婦人科直通)

診 療 時 間 第1日曜
午 前
9:30-14:00
産科
のみ
産科
のみ
午 後
15:00-18:00
産科
のみ

※外来受付時間 午前8:30-11:30/午後11:30-16:30 となっております。

※1月・5月の第1日曜日は休診となります。

※初診の方は、「診療について」を事前にご確認ください。

※産科のみの時間帯は、母子手帳を持っている方のみ受付させていただきます。

TOTAL HEALTH CLINIC

〒963-8841 福島県郡山市山崎171 
Tel 024-927-0325 Fax 024-927-0326