生活リハビリテーション科の特長

生活リハビリテーション科は、医師と理学療法士・健康運動実践指導者・管理栄養士が連携し、病気やケガなどにより身体の機能が低下した方に対し、運動指導や栄養指導を通して自立した生活を送るための訓練・治療を行います。慢性の腰痛・膝などの関節痛にお悩みで整形外科等で治療しても思ったほど改善しない方々のお手伝いをいたします。急性期の外傷や脳血管障害等のリハビリ主治医からの処方箋をいただいてリハビリのお手伝いも可能です。また、産婦人科を通して産前・産後ケアやマタニティビクス教室を行っています。

身体の不調やお悩み、私たちにご相談ください。
他職種協働のチームで、患者さまの心身をサポートします。

  • 1

    生活習慣病による体力低下などでお悩みの方へ

    医師をはじめ、理学療法士・健康運動実践指導者・管理栄養士がチームを組んで指導します

    加齢や疾患により筋肉量が減ると、身体機能が低下し、肥満をはじめ生活習慣病を引き起こし、日常生活にさまざまな困難が生じます。心電図などの運動負荷試験や体脂肪、筋肉量測定など適切な管理のもと、食事および運動療法の指導・実践を行います。

    対象疾患

    生活習慣病(糖尿病、心疾患、肥満症、運動器不安定症など)、フレイル、サルコぺニア
  • 2

    身体の痛みでお困りの方へ

    慢性的な痛みはもちろん、術後の身体の痛みやしびれもご相談ください。

    腰や膝、肩などの慢性的な痛みに対するお悩みはもちろん、術後に残る身体の痛みやしびれ、麻痺等に対して、日常生活の支障を低減させるための指導・実践を行います。

    対象疾患

    変形性関節症、頸椎症、肩関節周囲炎、腰椎椎間板ヘルニア、膝蓋大腿疼痛症候群、各運動器術後、産前・産後の婦人科疾患(子宮脱や尿失禁含む)など
  • 3

    新たな命を授かった、産前・産後のママたちへ

    産前・産後のケアやマタニティビクス、お一人おひとりに合わせた細やかなケアで女性の心身を支えます。

    妊娠中も安心して取り組めるストレッチやエクササイズを行うマタニティビクスのほか、産後ケアは1か月検診以降の腰や首の痛みなど、心身の変化や状態にあわせた個別プログラムを提供します。

  • 4

    お子さまから社会人まで、スポーツ疾患でお悩みの方へ

    患者さまとその環境に寄り添い、ともに最善の道を見出します。まずは私たちにご相談ください。

    疲労骨折、膝の痛み等、スポーツ疾患への対処は、疾患を持つ競技者の要望や置かれた状況、将来にわたる考え方によって変わります。そのため本人や家族、チーム等の意思を尊重しながら、医師と理学療法士・健康運動実践指導者がともに最善の処置を考えます。

施設・設備紹介

当クリニックでは、開放感あふれるリハビテーション室を完備しています。
広々光が差し込む空間で、患者さま一人ひとりに合わせたリハビリテーションを行います。