2019.08.17

1日の水分摂取量はどのくらい??

リハビリテーション室の佐藤です。


連日暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?


暑い日はクーラーのきいた部屋で、ゆっくり休みたいですね。仕事などせずに・・・・。


さて、猛暑日が続くと、テレビでは"熱中症により○○人搬送"といったニュースが多くなってきます。


からだの水分が5%失われると、熱中症や脱水症状があらわれる。


からだの水分が10%失われると、けいれんや、循環不全があらわれる。


からだの水分が20%失われると、死に至る。


日本では熱中症により、毎年600人くらいが命を落としているようです。


本当に怖いですね。自分だけでなく、家族を守るためにも水分摂取の知識は身に着けたいものです。


さらに、水分不足の人は太りやすい傾向にある、という論文もあります。


だんだん水を飲みたくなってきましたね!!


ではどのくらい水を飲めばよいのでしょうか⁇


2リットル(2,000ml)飲めばよいのでは?なんて声も聞こえてきます。


しかし、体重も活動量も人それぞれなのに、同じ量を飲むというのは私には理解できません。


そこで、"1日にどのくらい水を飲めばよいか?"ということを考えてみたいと思います。


調べてみると、日本では基準のようなものがないのです。厚生労働省は"プラス2杯"と促しているようです。これでは量がどのくらいかがわかりません。


いろんなワードで検索すると、多くの団体では下の表が使われているようです。



一般的には体重はポンド標記、量はバレル標記なので、㎏とmlに直すのに苦労しました。


自分は81㎏なので3,480mlすなわち500mlのペットボトル7本飲まないといけないようです。


飲めるか心配です・・・


ただし、成人であれば、食事から500ml~700ml摂取しています。


この分をひいた値が1日の摂取量となります。


しかし、私は筋トレをよくしますので、動きは水分摂取量に関係ないのか?


という疑問が出てきます。


調べると、運動する人のためにどのくらい水を飲めばよいのか、計算してくれるサイトが見つかりました。


英語サイトですが、何とか見ることができそうなので、紹介します。


https://goodcalculators.com/water-intake-calculator/




Unit system をMetricにして、体重、エクササイズ時間を入力、その後にCalculationをクリックするだけで、簡単に1日の水分摂取量が出ます。


私は体重80㎏で1時間くらいは筋トレすることが多いので、入力して・・・クリック!!すると・・・


4,230ml!!無理かも・・・


いろんなものの平均を出すときは、基本的に体重60㎏をベースにすることが多いです。60㎏であまり運動しない人は、2,610mlの水分摂取が必要です。そこから食事分を差し引くと、およそ2リットル(


2,000ml)であり、一般的に言われている数字とあまり変わらないことが分かりました。


ただ、妊娠中はこれより少し多めに、授乳中は900mlくらい多い方がよいようです。


また、熱中症予防には塩分も重要です。


汗をかいたときには、0.1~0.2%の食塩と糖質を含んだ飲料が推奨されています(体内のナトリウムが低下しないように)。市販のスポーツ飲料水にも500mlあたり、0.6gの塩分が含まれているので、手軽に摂取できます。自分で作る場合には、1リットルの水にティースプーン半分の食塩(2g)を入れ、砂糖をお好みで混ぜることでおいしく摂取することができます。


それでは、健康のため、熱中症予防のため、体重減量のためにいっぱい水をのみましょう!!


IMG_2230.JPG