診療部

DATE. 2021.12.10

「松坂大輔の引退を病院長として考える」

土屋病院院長 松本昭憲

野球シーズンもオフになり、特段野球小僧で、あったわけでもない私には、あまり変わらない日々が続く。その中で、松坂大輔の引退には、病院長という管理職として、思い出すことがある。野球に詳しくない私でも、松坂大輔が、高校野球の決勝、延長翌日再試合で連投し優勝投手になったのは、覚えているし、ルーキーイアーのオープン戦で阪神の片岡に速球で三振を取ったシーンとイチローから三打席連続三振を取って時代交代か?となった日の感動は忘れられない。その程度の感慨であったが、松坂大輔の恩師である横浜高校の渡辺監督が引退の日に語った、松坂大輔の思い出には複雑な感情を抱いた。「私の野球人生で、自分から、跡片付けをしなかった選手は、松坂大輔だけだった。自分から、後片付けをする奴は、一流になれない」とインタビュー記事に載っていた。両親が共に、教師で、大人の言うことを聞くことがいい人間になると、教育(おしつけられた?)された普通の私には、急に松坂大輔が嫌いになってしまった(笑)。病院長として、立派な人材を確保したと思っているが、人が見ていないところで努力する人材の方が、使いやすいし、確保したいと思っている。結果、業績が伸びないのでは困るが、勝手気ままな集団のトップは、荷が重い。組織が、発展するとは、難しいものです。

#松坂大輔引退 #管理職 #雑用

医療法人慈繁会 各施設のご紹介