看護部

DATE. 2018.10.24

新入職員 接遇研修 パート2

早いもので、入職して半年が過ぎようとしています。7人の新入職員たちも各自の部署の業務に少しずつ慣れてきた頃かと思います。
患者さまやご家族にも関わることも増え、今後、一番大切になるのは「接遇」です。
先日、5月にもお世話になりましたキャリアリバーの鈴木修子先生をお迎えして
「期待に応える職員になる! 新入職員接遇研修2018『医療接遇ホスピタリティとクレーム対応の基本』」というテーマで研修を行っていただきました。

自分が患者様の立場だったら。どんな接遇や対応を望みますか?
・笑顔 
・忙しそうな姿を見せない 
・早急での対応が困難な場合は"いつ"できるかを明確にしてほしい
・手を止めての傾聴 
・"大丈夫ですか"等の気にかけてくれる言葉 ...

では、逆にスタッフにしてほしくない対応や態度は?
・"ちょっと待ってて"等の曖昧な言葉 
・スタッフ同士での私的な言葉 
・無表情 ...  など。

私は、今回もまたオブザーバーとして参加させていただきました。
グループで話し合いをしていく中で私自身も患者さまの立場から接遇を考える勉強ができた4時間でした。

接遇は"まごごろ"です。

患者さまやご家族の立場に寄り添い、 "まごごろのある接遇"を実践できる医療スタッフとして成長していってほしいと感じました。
鈴木先生、ありがとうございました。最後は先生を囲んで...

「さんはい、にこっ^^」

新入職員接遇研修 写真.JPG

医療法人慈繁会 各施設のご紹介