看護部

DATE. 2019.01.18

県内でもインフルエンザが流行しています!!

県内でもインフルエンザが流行しています。

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによって引き起こされる呼吸器感染症です。
風邪に比べて症状が重く、乳幼児や高齢者では重症化することもあります。

風邪と間違われやすいインフルエンザですが、風邪に比べて高熱が出て、のどの痛みだけでなく、関節痛や筋肉痛を伴います。

さらに風邪の場合ゆっくり症状が出てくるのに対して、インフルエンザは急激に症状が出てきます。症状が出る部位も局所的ではなく、全身に倦怠感が現れるのも特徴です。

インフルエンザと疑われるときは、安易に風邪と判断せずに早めに医療機関を受診し、治療を受けましょう。早めに治療することは自分の身体を守るだけではなく、ほかの人にインフルエンザをうつさないという意味でも重要です。

感染を拡大させないため、対策しましょう

1、しっかり手洗い・うがいをし、感染をストップさせましょう!
2、マスクの正しい使用方法を意識し、予防しましょう
3、「咳エチケット」で感染拡大を防ぐ

これからが、厳しい冬の本番です。これらの事に注意して、一緒に、乗り切りましょう。

せきエチケット.jpg



医療法人慈繁会 各施設のご紹介