健康診断の大切さ

私たちの心がみなさまの身体に
届きますように

message from
土屋病院 院長松本 昭憲
結果でなく心を送る。

その知らせは、長い1週間の終わりの午後に届きました。この世で一番自分を応援してくれていた人が亡くなって葬儀も終わり人々が我が家から帰って行った日でした。もの寂しい6月12日。手紙の裏には健康診断報告書と書いてありました。「5月8日の健康診断の結果報告」「要精密検査」。無味乾燥的で機械的な言葉。内容は胸部X線検査で異常があり医療機関を受診せよと。亡くなった後に届いた皮肉な手紙。当時医学生であった自分にも、1か月前に結果が届いても予後が変わらないことは理解できました。それでも、冷たい響きの言葉「要精密検査」。まるで、コンピューターで機械的に分類され届けられた手紙。そこに少しでも、「大変です、早く病院を受診してください」と感情が込められた文字がないのだろうか、怒りに近い感情がその時湧き出たのを今でも覚えています。そのことが、私が医療の道に進むことが決まった後に感じた健康診断の意味でした。私たち土屋病院の健診センターは、特別な医療機器があったり、特殊な検査をしたりはいたしません。普通の健診センターです。しかし、検査の精度を高める事に努力を怠らない事はもちろんですが、その結果をみなさまにお知らせする報告書に心血を注いでいます。
通常、2週間で結果報告書をお送りするように努力しておりますが、結果を急いでお知らせしなくてはならない方には、それより前にお送りする努力をいたしております。しかも、ご心配かけないようにお一人だけではなくその方の所属する会社団体の方々全てに早く送る努力をしております。どうか、当健診センターの結果通知書を大事にお読みください。そこには私たちの結果だけではない私たちの心をお知らせいたします。
緊張しがちな、健康診断を少しでもリラックスできる環境をご用意いたしました。みなさまに安全で安楽で安心できる健診をサービスできるようにこれからも努力してまいります

健診のご予約は、下記お電話よりお申し込みください。完全予約制 TEL024-932-5435 受付時間 平日10:00-17:00(水曜・土曜PMは休診)婦人科検診で女性技師をご希望の方は、ご予約時にお伝えください。

医療法人慈繁会 各施設のご紹介