リハビリテーション室

専門的な療法を通して、
楽しく、自由に、のびのびとQOL向上をめざします。

患者さまの心身の機能回復や、生きがいや楽しみの発見を通して、入院中やご自宅での自立した日常生活を支援するため、専門職種が協働し、お一人お一人にあわせた質の高いリハビリテーションをご提供しています。

クオリティ・オブ・ライフとは、その方がどれだけ自分らしい生活を送り、生活に幸せを感じているかを計る指標であり、人生の充実度を示す言葉です。

作業療法士とは?

作業活動(食べたり、入浴といった日常生活動作や園芸、手工芸など)を用いて、諸機能の回復・維持だけでなく、その人らしい生活の獲得に向けて、楽しみや生きがいを提供できるように支援します。

患者さまの声に耳を傾け、
想いを大切に受け取る。
それが私たちの仕事です。

患者さまやご家族さまとの関わりの中から、その人なりのその人らしい生活に繋げることができるように関わらせて頂いています。当院は療養病院なので、入院生活が長期になる方もいます。その方々にとってもリハビリの時間に、少しでも楽しみや生き甲斐を感じていただきつつ、機能の回復や維持に繋げ、生き生きとした日々を送って頂ければと思いながら関わらせていただいています。

理学療法士とは?

病気やケガなどにより、お体が不自由になってしまった方に対し、運動療法や物理療法を用いて、身体機能や基本動作能力(寝返り、起き上がり、歩行など)の維持・回復を支援します。

リハビリ中も、そうでない時も、
患者さまが「今何をしたいのか」を
逃さないようにしています。

患者さまに向き合い、何を望んでいるかを聴き、そのご希望に対して何が必要かを常に考えています。理学療法士として、今自分ができる最大限のリハビリテーションを提供し、少しでも患者さまのご希望に沿えるように心掛けています。医療専門職としての責任と自覚を持ち、日々研鑽を重ね、お一人お一人に最適なリハビリテーションを提案していきたいです。

言語聴覚士とは?

脳梗塞や脳出血などにより、発話や食事を食べることが困難な患者さまに対して言語訓練、摂食嚥下訓練を行います。人と交流する楽しみや食べる楽しみを感じて頂けるように支援します。

患者さまの多くは人生の先輩方。
教えていただくことも沢山あり、
ともに笑顔でいる時間を
楽しんでいます。

患者さまやご家族が笑顔でいるために、自分にできることは何かということを常に考えています。患者さまの多くは人生の先輩方。生活の知恵など教えられることも多く、勉強になります。リハビリでは、ご本人、ご家族の意向を大切に、患者さまの日常生活にとってより良い方向へ進むよう支援します。少しでも生活に変化が生まれ、みなさんが笑顔でいられる時間が増えるよう努力しています。

私たちの、日々のようす
入院や介護サービスに関するご相談は、下記お電話までお問い合わせください。地域連携室直通 TEL:024-935-1209 FAX:024-934-1599 受付時間   月・火・木・金曜 9:00-17:00/水・土曜 9:00-12:00 (日祝日はお休み)

医療法人慈繁会 各施設のご紹介